ビットコイン51,000ドルを前に。

おはようございます。
お久しぶりです。ワン太郎です。

最近、またまた激しいですね。

世界は異常気象や火山、コロナだけでなく、タリバンが抵抗拠点への武力制圧。
イスラム原理主義と言ってもタリバンはテロ組織です。
中国は、テロ組織タリバン政権の掌握を容認。
ますます緊張感の高まる世の中です。

困りますよね。
なんとかなりませんかね。

仮想通貨市場は、時価総額2兆ドルを回復してきていますが、ビットコインの61.8%戻しの51,000ドルを目前に膠着状態。
到達前に利確しようとする人もたくさんいますので、上がればすぐ売られる状態です。

ビットコイン15分足。黄色いマルのところは、4時間足のボリンジャーバンドの頭に当たるところなので、一度浅くでも下げないと上がらないところです。

具体的に言うと、4時間掛けて上がって1秒でその分下落というブル派ベア派が混雑している感じです。

27日のジャクソンホール会議で、もし米株が下落してくるようであれば、相関係数の高いビットコインも一度下落してくるかと思いますので、仮想通貨は現在ノーポジ。(追記:長期保有のはもちろんそのままホールドしてますヨ。短期の分の話です。)

ちなみに、リップルやADA、ライトコインなどは、いまのところ、よく上がってきてます。

リップル。長期保有です。

 

ちょっとADAはエグすぎるので笑。

51,000ドルを明確に越えてしまえば、短期間のうちに80,000ドルへ向けて上がるでしょうから、ビッグイベント前にトレーダーは何も焦る必要はないです。

下げたら下げるときにゲットすれば良いですし、また上昇するようならそこに乗れば良いですし、膠着状態のときにわざわざやることないですね。

逆に為替の反転が面白くなってきていますが、ジャクソンホールまでは注意が必要かと思います。

ところで、昨日、読者さんから質問がありました。

「手持ち10,000円しかないのですが、トレードできますか?」

と。

出来ないことはないですが、オススメしません。

質問内容から言って初心者の方だと思うので、テクニカルもファンダメンタルズもこれから勉強される方ではないかと思いますので、ちゃんと勉強してからにすると良いかと思います。

ただ、トレード技術を身につけることは、役に立つと思いますヨ。

まずは、どのレベルのトレーダーになりたいか?
攻めて取っていきたいのか、そうでもないのか?

熟練トレーダーでもやらないときはやりませんし、相場観というか、まずはやるときとやらないときの見極めが大切かと思います。

いずれにせよ、やるのであれば、明るくがんばってみてください。

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています