大人気のイーサリアム。

こんばんは。
ワン太郎です。

2時58分です。

為替はさすが月末相場って感じでしたね。
ロンフィクのドル買いも出ましたし方向感なし。
こういうときは様子見が一番です。

株式市場は、一年ぶりの月末高で28,000ドルを突破。

ポンド円は151.588の3波と同値の5波というパターンで下落してきました。
ただし、この下げの勢いは良くないので、また上値を試しに行く可能性もありますので、引き続き様子見です。

どのみち、やっても取りづらい所です。

(4時42分、画像追加)

ポンド円4時間足。調整5波。3波と5波は同値。ピンク色の200MAに5波が微妙にタッチしてないように見えるので、このレベルでしばらく揉み合いが続き、200MAが下に降りてきてタッチ後に下落というシナリオが一つのパターン。200MAを突き抜けた場合、ピンク色の斜め直線が次のレジスタンス。

ビットコインは、ジリジリ下げてきてます。
せっかくイーサリアムが爆上げしてきたのに、ビットコインに引っ張られますね。

イーサリアムは、NFT絡みで5億ドルほどバーンしてるようです。

バーンなんて、鋼鉄ジーグの歌みたいですネ。

バーンだっていつまでもやってるわけではないので、落ち着いてきたらビットコインに引っ張られるわけなので、問題はいつ落ち着いてくるのか?です。
イーサリアムのブレイクポイント3,330ドルを抜けましたし、まだ上げそうな雰囲気ありますけどね。

イーサリアムの人気がありすぎて、このまま、ビットコインとイーサリアムの逆転現象が起こるのではないか?という人もいますが、ともかく、仮想通貨はドル高になると下落しますので、雇用統計に向けて買いが入らなければやはりビットコインから下落ではないでしょうか?

分かりませんが。

今のところ、9月は下落で底をつけてから上昇というパターンが一番しっくり来る気がします。

今のところです。

ただ、下落と言っても、ショートをすると突然吹き上がりますからね。

何にもしないのが一番かも知れません。

どこまで深く下落するのか分かりませんし。
浅いかもしれませんし。

リップルは、引き続き三角持ち合いの中。
どっちに抜けるんでしょうね?
リップル裁判も最中ですからね。
ビットコインがこんな調子だと、仮に上昇したとしてもすぐに戻されてしまいますね。
三角持ち合いの中だとリップルも手を出せないです。
ただ、エネルギーを貯めているというのだけは分かります。
間もなくドカンと抜けるのではないかと思います。
上に抜けそうな気がしてますが。

せめて、1時間足のゴールデンクロスは確認したいところ。

(ゴールデンクロスというのは、50MAが200MAを上に突き抜けること。その逆がデッドクロス。よく大口が見ているタイミング。)

上抜けなら、4時間足の50と100が垂れてるのがまだ気になりますが。

動くときに取るのが一番だと思います。

(抜けた後、ローリバーサルでエントリーですヨ。)

月末は月末ですが、9月に入ってすぐに雇用統計が来ますし、今週の指標は盛りだくさんです。
手を出しにくい相場が続きますね。

指標が盛りだくさんと言っても打ち消しあってたら動かないのと同じですからね。

どこの国もパッとしませんし米ドル主体で動くしかないのですけど、長期金利もこんなん↓です。

米国10年債

なので、戦略としては、今回のイーサリアムみたいに、仮想通貨が動くときに一気にゲットするというのが良いかもです。

とりあえず、9月1日の相場をじっくり見るつもりです。
それで何か掴めるかもしれません。

あ、それから、ワン太郎は、「今のところ」という表現を使いますが、「今のところ」というのは、数時間後は変わってるということです^_^

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています