中国が鍵を握ってる世界相場なのかな?

こんばんは。
ワン太郎です。

SOLANAは、23,000円をつけましたネ。

ところで、昨晩、ECBがありました。

ECB、PEPPの購入ペース減速-ユーロ圏経済の回復は堅固

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-09-09/QZ611JDWX2PY01

その後、

【要人発言】

欧州中央銀行(ECB)筋
「政策担当者は、PEPPの月ベース購入目標額を600億ユーロから700億ユーロの間で柔軟に対応することで合意」

当然、ユーロ経済圏の回復に向けて、それほど変わらないのでは?という見方もありますので乱高下。

ビットコイントレードもしばらく様子見ですし、昨晩もECBの発表でノートレード。

ユーロ売り、ドル軟調、円買いの相場となりました。

どちらかというと、円買いのほうが強く、ドル円はまたまた109円台に突入。

相変わらず為替は方向感なしです。

ドル軟調のため、ビットコインは少し上がる場面がありましたが、方向感なし。
ドル買いは、ビットコインにとってはマイナス要因なので、もし、ドル買いが再開すれば、ビットコインも下落してくるはずです。

円、ドル、ユーロ、綱引き状態で、ビットコインも上がりそうで上がらず、下げそうでも下げず。

ビットコインのチャート的には、まだ下落の余地はありますので、またドル買いに一旦戻る気がしてます。

(だからと言って今のところ悲観的になることはないと思ってます。)

※反面、アルトコインのほうは上昇してきてますね。

ただし、ドル買いリスクもあります。
ここに中国人民元が入ってくると、大きなリスクを負うことになります。
例えば、最近、中国はゲーム関連企業への締め付けが厳しい上に、中国恒大がかなり危険な状態だそうです。

中国恒大、ドル建て債にまた売り浴びせ-銀行借入の利払い停止報道で

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-09-08/QZ3M1VT0AFB501

3000億ドル(約33兆1200億円)余りの負債を抱える中国恒大が破綻すれば、貸し手である金融機関、サプライヤー、小規模企業、何百万もの住宅購入者の間で混乱が生じる恐れがある。

とのこと。

3,000億ドルはスゴイ額なので、もし破綻すれば、全相場に影響が出ると思います。

そうなれば、世界の相場はたちまちリスクオフとなりますね。まずすぐに円高。ドル円も週足で見るとなんとなく大暴落しそうな形してますよね。

いまのクロス円の動きを見てると、そんな予兆をなんとなく感じるところがありますが、気のせいでしょうか?

たとえば、先日も書いてますが、ポンド円切り下げラインが良く機能してますので、下落スタンバイOKのような形してますので、そのままホールド中。

(相場なので当然分かりませんからネ。反転したら撤退ですけどね。)

今のところ切り下げラインが良く機能するポンド円。

そこで、これからビットコインが出てくるかどうか?笑笑。

株価下落するとビットコインも下落するので、リスクオフなら下落なのですが、世界経済が極端に悪くなれば、逆にビットコインやゴールド(金)が上がってくるかもしれません。

ただし、「極端に」という条件がつきます。

案外、中国が鍵を握っていたりするかもです。

当然、憶測の域です。

それから、日経平均が30,000円を回復してるのに、ドル円が全く伸びて行かないですね。。

あと、コロナ国内情報。

変異ウイルス「イータ株」、入国検疫で18人確認…「カッパ株」も19人

https://www.yomiuri.co.jp/national/20210910-OYT1T50031/

コロナに関しては、変異株が流行ってますが、いい加減そろそろ落ち着いて欲しいですよね。
というか、個人的には落ち着いてくるのではないかと思ってるんですけどね。
どうでしょうね?

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています