ビットコインがまたまた下落。規制の壁は乗り越えましょう笑。

こんばんは。
ワン太郎です。

いまは金曜日の真夜中です。

ちょっと多忙でして、夕方ころでしたか、時間見つけてちょうどバイナリーオプションに夢中になっていましたら笑、5,000ドル近くもビットコインが急落していました。

「あれ?また何かあったかな?」

と思ってニュースを見ましたら、中国で仮想通貨が全面禁止との報道が出てました。違法で刑事責任だそうですから厳しいですね。

ビットコイン急落、一時6%安-中国が仮想通貨全面禁止の方針。

https://newspicks.com/news/6214190/body?utm_source=newspicks&invoker=np_urlshare_uid6910667&utm_campaign=np_urlshare&utm_medium=urlshare

下げても底堅さはあって深くもなく、いつもなら、「下げたよしロングだ」なのですが、

アメリカでも少しずつ規制の動きが出てきていますし、下げたあとの上げは、どのみちトレーダーが上げてるだけでしょうから誤魔化されてはいけないです。

New US Crypto Regulation Far More
Invasive Than We Thought

US Crypto Regulation Far More Invasive Than We Thought

このレギュレーション、詳しくはGoogle翻訳で読んで見てください^_^

マイニングできるコインはコモディティ扱い、それ以外のアルトコインは証券扱いか法的に決めていく。イーサリアムでもPOSみたいにインカムゲインがあるものは証券扱い。なので、POWとPOSを分けたままが良いのでしょうけどヴィタリックはどう考えてるのでしょうね。

ステーブルコインは廃止の方向。

変なコインは訴訟しまくる笑。
STOは法的に守られてますし、IEOは取引所がやるものですから安心度は高いのですが、ICO、IDOは、個人が出来るもので詐欺師でも簡単に出来てしまうので、この辺りは徹底的にやられるでしょうね。

規制の壁は通らなきゃいけない壁なので仕方ないですね。

アメリカでの話です。アメリカの市場は大きいですからね。

日本はまだです。

この中で、需要が増えれば自然と値段は上昇しますから、気にすることはなく、基本的には引き続き長期ということで。中国市場無しで。

韓国も良い意味で規制スタート。

仮想通貨業者、韓国で淘汰 半数以上は停止か廃業

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM245EI0U1A920C2000000/

個人的に韓国の仮想通貨には全く良い思い出がないですね。

これで、韓国内70個くらいの取引所が閉鎖で、稼働出来るところは4社のみ。

世界中、規制があってもビットコインが流通しさえすれば良いだけなので。

ただ、仮想通貨は面倒くさそうな投資になりそう。

もともとウォレットとか面倒くさいですけど笑。

ナカモトサトシさんは、非中央集権のビットコインを作って既存の仕組みを大きく揺るがしたのですけど、中央集権の枠に収まってしまうんですかね?

扱いが簡単なのはやっぱり株ですよね。

株をやりません?笑

アルトコインが証券なら、普通に株をやっても同じことだし。

為替のほう、総裁選待ちでエントリーを準備しているトレーダーが多いです。

誰がなるかによって、相場が大きく動く可能性があります。

高市氏なら大相場と思っている人が多いです。

安倍さんのアベノミクスで相当稼げたトレーダーも多く、トレードというのは、そこだけやってれば良いよねという話。

まあ、たしかにそうなんですけどネ。

フライング気味でドル円は急上昇してますけどね。
さすがに伸びてる最中からは入りにくいです。

年に一度あるかないかの大相場が到来するかどうか。

とりあえずは楽しみではあります。

ただ、中国恒大リスクは消えてないどころか、なんと、23日利払いが払われてないそうですヨ。今後は「第二の恒大」が出てくる可能性も高く、それ次第ではリスクオフですから、いくら伸びてると言ってもドル円なんかは危なっかしくて入りにくいです。

中国恒大デフォルト危機続行中です。

何もなければ乗り遅れという感じですけど笑。

ただ、これ、入ったほうが良いのかな。

いまは、中国恒大絡みのヘッドラインでぐちゃぐちゃしている相場なので、にしても為替にしても、こんなところで体力消耗することはないと思ってますが。

ユーロドルは、一昨日、1.17425あたりからショートしてますけど。

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています