半導体はまだまだ深刻

半導体不足からモノが手に入らないという状況が世界中で起きています。

ではなぜここまで???

主な原因は二つあるそうです。

一つ目は、アメリカの対中国制裁によって多くの欧米半導体メーカーが、中国最大手半導体製造企業(ファウンドリといいます)であるS M I Cに製造委託できなくなったことです。

そのオーダーは当然台湾のT S M Cなどに振り分けられるのですが、一気に需要が増えても受け付ける枠がないのです。

二つ目は、需要が完全に供給を上回っていることです。

A I、5G、E V、そして暗号資産。

新しく需要が拡大しているものは全てこの半導体が大量に使われています。

以前に新車がなくなってきている話をしましがが、アメリカではその反動で中古車価格が平均30%以上上がっています。車がなければ生活できない国ですから、その価格そしてガソリン価格も上がっていますから、家計は大ピンチです。

現政権に対する不満も広がってきていますね。。。。。。

これで台湾のT S M Cが一人勝ちになるのか、はたまた別の企業が台頭してくるのかということになるのですが、それほど簡単に生産量を増やすことや体制を整えることは不可能ですから、当面T S M Cは強そうですね。

パーシバルもこのT S M Cでの製造部品が滞っています。

クアルコム(N O1ファブレス企業)からT S M C(N O1ファウンドリ企業)への圧力もかけすぎると逆効果。

仕事はいくらでもあるので、仮にクアルコムと袂を分かつことになっても、痛くも痒くもないかも。。。。大汗

まあ、そんなことにはならないでしょうけど。

いずれにしても、もうすぐ出来上がる初号機のパフォーマンスが気になりますね。

コメント
半導体不足は激しいですね。
世間では、来年末までは厳しいという話もあります。
ガソリン代も高騰してますよね。
大変大変。
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています