暗号通貨ビジネスが中国からアメリカへ

やっぱりね。。。。

中国が全面禁止になったことを受け、虎視眈々と覇権を狙っていたアメリカがすごい勢いで動いています。

マイニングは13日現在、アメリカが世界最大の採掘国となりました。

米国での処理量は8月末までの4か月間で2倍以上となり、世界全体に占める割合は35.4%へと増加。

ちなみに2位がカザフスタン、3位がロシアです。

中国はデジタル人民元を見据えて、色々なことをしていますが、中国版シルクロード計画「一帯一路」も雲行きが怪しくなってきています。

電力不足も深刻ですし、これからどのような対策をしていくのか、毎日情報を取りまくっています。

Oちゃんが最近ブログ投稿しないのは、ブログネタにならないような内容ばかり調べているから(汗)

解禁されたこともあり、そろそろ仲間と飲み会が出てきますが、その時にはどんな内容を調査していたかがわかると思います(笑)

暗号通貨より政治経済ネタの情報収集が確実に多くなってきています(^^)

コメント
米SECもETF承認するという噂でビットコインが前回最高値手前まで上がってきています。
イーサリアムも同じく前回最高値の手前まで上昇。
スゴイですね。

ここから先はいつものように暴落?それとも上昇?

ビットコイン。

ビットコイン週足。

イーサリアム。

イーサリアム週足。

個人的には、ここから先は様子見ノーポジにしようかな、と考えいるところ。

仮想通貨に限らず、ドル円も115円節目の手前で今週が終わりますし、豪ドル円も85円節目の手前で今週が終わります。

豪ドル円。

豪ドル円週足。

どうして、仮想通貨と為替が同じ日に節目を迎えるんでしょうね。

トレーダーじゃなければ気づかないネタだと思います。

ファンド勢がやってることですから似たような動きなのでしょうね。

無論、彼らは世界情勢を見て動かしているんですけどね。

ファンド勢は、ビットコインとイーサリアムをメインにトレードしてますから、動くのは圧倒的にその二つです。他のアルトコインは節目でも何でもないんですよね。これから動いてくるかも知れませんが。

個人的にもどちらかというとファンダメンタルズ派です。

上に抜けるシナリオなのか、それともいつものように下に暴落するシナリオなのか?

(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています