ジャック・マーはどこに向かう?

ご存知の通り、中国最大というか世界最大のインターネットモールであるアリババの創業者です。

現在、彼はなぜかスペインにいるそうです。これも三日前の情報ですから、すでに移動しているかもしれませんが、最近の筆無精で情報にバイアスがかかっています汗

ジャック・マー氏は杭州生まれ。

O ちゃんもロードショーで行きましたが、地方都市です。ただし仮想通貨は活況でした。

ここに何故かアメリカの大統領だったニクソン氏が訪れ、それに感化されたマー氏は英語を覚え、さらにはAmazonを目指してアリババを友人23人と一緒に作りました。

最初は全くダメだったのですが、徐々に成功を収め、2014年にニューヨークに上場。これが大きかったですね。当時、N Y取引市場最大の上場だと騒がれました。

そしてここでマー氏が相当なお金持ちになったのですが、それだけではありません。

この上場で日本一のお金持ちになった方がいます。

ソフトバンクの孫正義さんです(^^)

2000年に孫さんは北京に渡り、中国人で頭の良い人たち二十数人を集めて投資目的のプレゼンをさせたらしいです。一人5分。

その中の一人がマー氏だったとのこと。

一番いい加減なプレゼンをしたらしいのですが、これからはインターネットの時代で中国ではこれが儲かる、そして中小企業が成功するのはこれが一番いいという意味合いのことを言ったそうです。

それを聞いた孫さんは、マー氏は5000万円ないと会社が潰れそうだと正直に話したことに対して、20億円の投資を即決したとのこと。。。。。。汗

マー氏は5000万円で十分と言ったのにも関わらず、半ば強制的に20億円を投資され、25%の株を孫さんが握りました。

それが上記のN Y上場で、ソフトバンクも孫さんも大変なことになりましたね。。。。。w

世の中わからないものです。

こういった動きを日本の大企業もやっていれば、どうなっていたのかなと思います。

そしてマー氏は2019年にアリババを引退しますが、理由の一つにビジネスに向いていない性格というのがあり、ちょっと笑えます。

2020年に上海の金融フォーラムに登壇したのが最後の桧舞台だったと思います。

そしてそこで話したことは、今の銀行システムは古い、新しい金融システムをという話をしています。

それで活用するのがA I。

ところがこの後は、闇の話が続きます。

アリババ系列の金融会社の上場が直前で廃止になったことや、マー氏が姿を消して行方不明になりました。

ワン太郎の投稿にもありましたが、共同富裕というスローガンの元、毛沢東時代のような時代になるのではという危機感から富裕層は戦々恐々。。。。。。

仮想通貨組だけではありません。たくさんの中国人富裕層が海外脱出をしています。

マー氏もその一人かな。。。。。。。

3兆円と言われる財産はどうなるんだろう。

一応、農業視察に行ったという話ですが、中国でいくらでもできますからね。。。。

ところでアリババのダブルイレブン(11月11日に行う大セール、旧名お一人様の日w)は、1日で楽天の2年分の売り上げが上がると言います。

そしてそこで売られるものは。。。。。

日本企業が仕掛けた商品、いわゆる日本製が5年連続一位とのこと。

やはり中国マーケットは日本人にとって美味しい。。。。。。w

確かに政治的なことを考えると、ドン引きしたくなることもありますが、経済的なつながりがゼロになることはないと思います。

これから自分たちのビジネスをどのように絡めていくか、じっくり戦略を練ります。

ジャック・マー氏同様に、Oちゃんたちのトークンも方向性も真価が問われますね。

コメント
孫さんて運が良いですねというか、ジャック・マーも素晴らしい。
孫さんはアリババのジャック・マーに初期から投資出来たとは。
最初は上手く行ってなくても最終的に上手く行くジャック・マーも素晴らしいです。
5,000万円ないと会社が潰れるという会社に20億とは。
もう共同富裕でどうなるか分かりませんが、その時は良いタイミングだったのでしょうね。

そういう出会いが良いですね。

ところで、ビットコインはやはり一度大きく下げないと10万ドル越えは難しいんじゃないかと思うのですが、どうなんでしょう?
このペースなら8万ドルくらいは行くのでしょうけど、より大きく上げていくには、それなりの押し目がないと。
8万ドルなんてもう近いですからね。
バネみたいなものなので。
一度、51,444ドルくらいまで下げてくれればありがたいのですが。
ビジネスと同じですよね。バネにして上がっていくもんです。
バーンで希少性を高めるだけで上昇するイーサリアムとは違うと思うので。
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています