良い感じ。

こんばんは。
ワン太郎です。

昨日の日記で書いたとおりに、ドル円が続伸して114.70で高値更新、ユーロドルも1.1315で安値更新してますネ。

よい感じです。

米国株は今日は上げてました。

やはりビットコインはドルが強くなると弱くなります。
ドルが買われるとビットコインが下落します。
これはゴールドにも言えることです。
投機的な買いが積極的に入らなければドル主導で下落するのではないでしょうか?
下げすぎることも今のところ考えられないので、ある程度下げれば、再度買いが入ってくるかと思います。

ドル円も次第に高値圏へ、ユーロドルも随分と下がりましたので、これからエントリーされる方はなかなか入りづらいところです。

ですので、クロス円に注目すると良いかもしれません。

ポンド円は、終値が50日線を上回って終われば、上方向。ポンドドルのドルに引っ張られますので下げればドル円上昇とともに買いで良いかと思います。ポンド円は4時間足の雲の中ですので、上下しながらですが上昇期待。153.60あたりまで戻せば買いたいところ。

ユーロ円も、ドル円が動かないときにユーロドル主体で下落してきましたので、ユーロドルのショートポジションが溜まりすぎて下げ止まれば反発すると思いますが、ECBはハト派姿勢維持してますので、ユーロ円のロングは積極的には出来ないです。下げ止まりのロングも良いかも知れませんが、板挟みなので動きは鈍そう。ユーロドルは、1.1360あたりまで戻せば売り追加。

反面、他国はタカ派なので金利差拡大すればクロス円は上方向ではないかと思います。

ただ、豪ドルは、戻しても中国との関係もありますから、中国次第というところがあります。
今のところは売り方向ですが、先日のオーストリア雇用が悪かったのに底堅く反発上昇してきましたので強さもあります。
ただ、まだポジションは取りにくいです。

ドル円は、ややこしいことに、114.30にオプションがありますので、またそこまで下げるかもしれませんので、基本的には114から115のレンジではないかと思います。(昨晩オプションは消滅してました。)
下げれば買いチャンスというところで良いのではないかと思ってます。個人的に。
ユーロドルも戻しを売る方向で良いかと思います。トレードは待つときはいつまでも待つが基本ですね。

ビットコインも買いが入らない前提で売り方向。
ドルが強いですからね。
買いが入ってくれば踏みあげられるので、こういうリスクがあるものは下げ止まりを見て買いのほうが良いかも。大口は安いところで買いたいと思ってるはずですし、それは我々も皆同じですから。
どこまで下落するかは分かりませんけど。

個人的には、ドル円とポンド円の続伸とユーロドル、ユロポンの続落に注目。

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています