パーシバルのウェビナー

土曜日に行いました。

もう一つの投稿でもかきましたが、サポート企業も入れて三点のホスト、そしてリスナーです。

土曜日の夜とあって参加者が思いの外少なかったですが、パーシバルの動向には注視している人は多いです。

メーカーであるロコファイ社のSオーナーは、部品調達とそのラインの立ち上げのために、中国の厦門から参加。

Oちゃんも中国は色々行きましたが、厦門はないです。

コロナ騒動がなくても行ってないかもです。

今回のウェビナーでわかったことは、クアルコムの半導体チップは入ってきているのですが、今は周辺部品が入ってこないとのこと。

Sオーナーの表現で、「今まではコンビニでおにぎり買うような手軽感があった部品」が、全くないそうです。

部品を代替すれば、それはそれでソフト的な調整(デバッグ)が入るので、一号機がまだ完成していないです(涙)

最終的に今の申込者には3月末までに納品したいと言う目標があるのですが。。。。。。

Oちゃんは昨年末からですから一年ですね(涙)

それと一つ気になる疑問を持った人がいました。

本当に最初に言っていたようなパフォーマンスが出るのか?です。

これにはSオーナーも軽くいなすようにされていましたが、個人的には言いたいことがあります。

もともと、イーサリアムのD A Gが変わる前に実験結果が出ています。

それをみた大口投資家が投資を決め動いていましたので、全くダメなわけはないと思います。

ただ、マイナスの誤差はあるかもですね。色々変わったことで。。。

ただ目に見える前進があるので、待つしかないですね。

果報は寝て待て。

コメント
どのみち南アフリカ変異株のコロナ相場ですから株にしろ為替にしろ仮想通貨にしろどの投資をやってたとしても次の動き待ちですよネ。
なのでほとんどの個人投資家は待っていると思います。
エントリー出来ないので。
ただトレーダーの場合は、寝て待つ間にチャンスを逃すという笑、逃したらなかなか次に入れないので、そこは集中力を途切らさないようにしてるのですが、ある意味、ホルダーさんやマイニングをするマイナーさんのほうが気持ち的には楽かも笑。
と思えてきました。
大きなリスクオン流れがくれば何も考えなくても自動的に値が上がっていくので。
リスクオフなら下げますけどね。
いいなあ〜笑と。
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています