米国のコロナ感染件数、過去最多記録

こんばんは。
ワン太郎です。

【速報】米国のコロナ感染件数、過去最多記録

やっぱりコロナ速報が出ますよね。
これで一斉にドル売りでポンド、ユーロなどが上昇してます。

ポンド円5分足。赤色の大矢印をねじ返して上昇の青色大矢印サイン。午後あたりに、154.00に突如出現した大口の買いがサポートにもなり上昇。

力関係ですので仕方ないです。

だったらイギリスの感染者はどうなんだ? てことになるので、イギリスのコロナネガティブニュースが入れば、こんどは逆戻りでしょうね。
綱引き相場です。
ただ、イギリスの利上げはサプライズ要素が強かったので、ポンド円が下落してもそれほど下げないと思います。

下げたとしても152.60あたりがサポートされるのではないでしょうか?

イギリスは利上げをするのでドル売りとの相乗効果に加えて、年末のロンドンフィキシングの円売りによって、ポンドの上昇スピードが速いのですが、利上げするからと言っても、経済が回復するわけではないし、感染者数も多いです。

なので、チャートも推進5波ではなく、調整5波の上昇であることは納得で現在3波目です。

ポンドドルは下げるとすれば、1.33678がサポートされるのではないでしょうか。

値幅の広い調整波ですけど。

おそらく何かのきっかけか速報でまた下落するかもしれません。

ドル円は115円がレジスタンスとなっています。
これを上抜けしなければ下へ下がると思いますがドル売りの割にはドル円が底堅い理由は、さきほども書きました通り、ロンフィクの円売りのため。

ただ、コロナ相場続行中ですので、もしかしたら突然リスク回避の円買いが近々やってくるかも分かりませんし、上がりにくいのはやはりロング勢が多すぎるから。だとしたら一転してポンド円も下落方向になりますね。

今はやたらとポンドが強く見えるのですが。とは言っても抜けるべき重要なところは抜けているので下げてもまだ上昇目線。

次はドル円の動きが重要ポイントですので引き続き観察です。

ちなみに日記でも書きました12月22日にエントリーしたAUDUSDはまだ持っています。

AUDUSD。これ、ずーっと持っていようかなと思っていますけど。さすがに豪ドルは撤退するのは躊躇します。

ユーロドルも一体何日持っているんだ?なかなか上がらないよなあ。という感じ。

ユーロドル。

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています