ポンド円ロング継続中と、全然違う話ですが日本は孤独大国?

こんばんは。
ワン太郎です。

ポンド円が上昇中です。
引き続き方向性は良いのではないかと思います。
原因としては英国利上げ追加4回の折り込みと、ユーロがウクライナの戦争の危機で大きく下落中なので対ユーロでポンドの強さが目立っていることや、ついに0.70を割ってしまった対豪ドルでもポンドが強くなっていること。
市場は米国金利5回利上げ思惑のドル買いもありますので、しばらくはこんな感じではないでしょうか。

ですので、ポンド円はロング継続中、ただしユーロ円はショート継続中。ヘッジ的な意味もあります笑。

ポンド円4時間足。ロング継続中。

ユーロ円4時間足。ショート継続中。

我ながら、ずいぶんとマニアックなポジション取りではないかと思います笑。

ユーロが大きく下落していますが、ロシアのウクライナ侵攻と言っても、中国、北朝鮮がグルになっているとすれば、中国の場合は北京オリンピックが2月にあるので、やはり戦争をやるとしたら3月になるのではないか?
と思っています。
このまま行けば、世界大戦規模の戦争になること間違いなしなので、さすがに北京オリンピックのあとではないかと。

このポジションはウクライナ要因で変えてしまおう(戦争勃発で米株急騰?)と思いますが、そう考えるとまだ大丈夫ではないかと。
バイデンは、「戦争は2月」と言って警戒しています。
2月は北京オリンピックなのでそれはどうか?と思うんですよね。
中国は台湾侵攻もしてくる可能性もありますね。

台湾侵攻してくると近距離の日本も巻き込まれますね。おそらく。
ミサイル何発か撃ち込まれるのではないでしょうか?

台湾有事で「戦場」に変わる石垣島島民の不安

https://toyokeizai.net/articles/amp/500202?display=b&amp_event=read-body

戦争になりませんように。

ということで、ポンドは対ユーロとの力関係もあるし、対ドルではお互い利上げ相殺の要素があると思うのでドルストのほうではユーロほど下げてはいないです。

ところで、全然違う話。

米国と英国の人々の約半分と日本の人々の3分の2は、少なくとも3年間、孤独を感じているか、周囲の人々から孤立していると述べています。日本では、米国(22%)または英国(20%)の5分の1と比較して、3分の1以上(35%)が10年以上孤立または孤独を感じていると述べています。

日本人は孤独ランキング1位の孤独大国です。

出典:KFF

このままいけば、2035年には国民の35%が一人暮らしだそうですね。

たしかに、周辺でも独身男性、独身女性がやたらと多いです。

コロナもあるし、今後も孤独というのがもっと大きな社会問題になりそうですね。
孤独だとアルツハイマーのリスクも2倍くらいだそうで、ほかにも孤独死リスクもあります。

でもみんな孤独なら何も怖くないですね。自分だけじゃないわけですから。
ほとんどみんな孤独なわけですから。
明るく生きましょう。

世界はみんな孤独なんです。

『あしたのジョー』や『がんばれ元気』は孤独はプラス要因でカッコよく描かれているのですが、みんながみんな矢吹ジョーや堀口元気みたいになれるわけでもなく笑、こんど、コロナが終わったら、天気の良い日に孤独な方みんなでお弁当でも作って山へハイキングでも行きましょう。

ちなみに、ビットコイン。

さきほど一旦ロング入りました。

ビットコイン。

ビットコインは未だしばらく分かりませんけど笑。

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています