ロコファイオーナーと話しました

朝8時半(中国は7:30)から30分だけ、ロコファイオーナーSさんとズームで話せました。

中国では研究所や工場などに入ることが多く、クリーンルームなので、携帯の電波は入らないらしいです。毎日朝9時前に出掛けて夜11時過ぎに戻ることがほとんどらしく、なかなか話し合いができませんでした。その間は日本にいるA社長と話していますが、やはり最終決定権がオーナーであるため、対応が遅くなっていることがあります。

まず、3月末までに現在のオーダー分を完納するというスケジュールは変わっていません。そしてその前に完成品となる数台のうち1台は弊社に来ますので、それをどこで置いてチェックするかを検討しています。この1台は3月早々にくることになっています。これはある意味ではテスト運用機ですので、パフォーマンス、発熱などのチェックを弊社が協力するためのものです。完成品の納品はみなさんへ均等に行います。

まだ部品の欠品による代替製品への取り組みなど、数々の問題を抱えています。部品が変われば調整が必要になってきます。半導体は精密機械ですので、この処理に膨大な時間がかかることをご理解ください。

しかしながら、良い情報もあり、オーナーは前向きです。

この情報はまだ確定していませんので、みなさんにお知らせすることはできませんが、パーシバルの特性を最大限に活かすことができるようになります。また、イーサリアムのPOW(いわゆるマイニング)が終了するのではないかと言われていますが、パーシバルのGPU/CPUマイニングはアルゴリズムの変更で別のコインを掘ることができます。ビットコインで流通しているASICというマイニングマシンは専用機ですので、それとは似て非なるものです。

ロコファイ社は3月の納品がずれるような事態にならないように最大限に努力されています。オーナーが帰国されるのを今しばらく待ちましょう。

コメント
半導体不足の中、3月末の納品はすごいですね^_^
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています