欧州通貨はやっぱり弱いまま。

こんばんは。
ワン太郎です。

NY時間はいいですね。要人発言オンパレードです。

【発言】パウエルFRB議長「来年の経済が景気後退に陥る確率は上昇していない」

来年は凌げるかもしれませんが、2年後、3年後はどうですかね???

今日は、パウエル議長のタカ派発言により、一層ドル買いが進みました。
調整相場に入ったかな?とも思いましたが、パウエル議長のタカ派発言でドルが買われて、再度ドル円が上昇しました。

円が最弱通貨です。

ドルストレートのほうも、上げ調子だったのですがNYのこの時間、ドルが買われて下落してきてしまいました。

ユーロ圏は、ウクライナ問題が全く解決していないリスクがあるので、利上げするにしてもなかなか踏み切れない状態が続いています。

タカ派として知られるドイツ連銀のナーゲル総裁は、「引き締めが遅くなりすぎるリスクが上昇している」と言及した。

いずれヨーロッパもイギリスも次々と利上げしなければならないと思いますが、ウクライナ問題が全く解決せず、もしかしたら本当に核が使われる可能性も否定できないので、ドルストのロングは2~3日様子見します。むしろショート目線に切り替えました。

ですので、高値警戒感もあるドル円を横で見ながら、ドル円には手を付けず、157.49円あたりからポンド円のショート入りました。

ターゲットは、155~154円くらい。

S&P500もこの時間200日線から反落してきましたのでやっぱり下方向ではないかと?

ビットコインのほうは、さすがにパウエルさんのタカ派発言でドル高に振れましたので、せっかく上昇してきても、すぐに落ちてしまいますね。

発言が終わってしばらくすると再度少しづつ上昇してきますが、相変わらず上値は重たいです。

ここへウクライナ戦争激化なんていう報道が入ったりした場合は、ズドーンと下げるリスクもないとは言えないので、とりあえずは様子見です。

ポンド円のショートあたりならいいと思うんですよね。

といっても、上下によく振れます。
ただ、踏まれてもそろそろ下がってくるのではと考えています。相場はコロコロ変わりますが。

欧州通貨は弱い動きだし、ポンドドルがもう一段下落しそうな形状になってきましたし、それに、明日以降、万が一、レパトリが行われたりしたら、良く下落してくるのではないかと考えています。

わかりませんが。

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています