ポンド急落

おはようございます。
ワン太郎です。

日記でも書きましたポンド円のショートはうまくワークしました。
ただ、どこまで下げるか分からないです。

ポンド円日足チャート。

とりあえず一日だけ下げましたが、長期的にはまだ下げていくと思っています。(5波終了と見て下降3波入り)
来週、一旦上への戻しがあるかと思いますが。

英小売売上高が予想以上に悪化、生活費急騰響く-ポンドは急落

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-04-22/RAQFJAT1UM1401?srnd=cojp-v2

トレンド転換するタイミングは余計なことをしがちですね。
値幅は広いので戻し注意ですが、仮にここから上に戻したとしてもそろそろポンド円は深く下げていくのではないかと思います。

問題はドル円。

黒田総裁:日銀は強力な緩和継続する必要-講演では円に言及せず

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-04-22/RAQXYLT0AFB501?srnd=cojp-v2

これによって、またまた129円を一瞬回復。
緩和の姿勢継続でも130円にはなかなか行けず。
なので、130円を付けるかもしれませんがそのあとは下落気味のレンジ相場入り(まだ4波)ではないかと思います。
その後、いよいよ130円越え(最後の5波)というイメージ。

もちろんこれは個人的相場観です。

相場観というのは人それぞれですし、短期、長期によってトレード手法は全く異なります。

短期でロングでも長期ではショートなら、短期トレード派と長期トレード派のポジションは異なります。

どっちを選ぶかです。

中には短期も長期も別口座で両方やる人もいます。

初心者でしたら混乱しますので、どっちか一つで良いのではないでしょうか。

ということで、ドル円の上値が押さえられるとポンド円はもっと下げやすいと思います。

株価のほうは大きく下落。
引き締めのタカ派で強気なら仕方ないです。
ビットコインもまたまた下落。
これも引き締めの影響ですね。950億ドル引き締めは5月からですので、場合によったらもっと下げますね。下落トレンド。

ゴールドについては来週一旦上昇するかもしれませんが、いよいよ下落トレンドに入った感じがします。インフレで上昇してきましたが、ここまで金利金利と騒がれるとゴールドにとってはマイナスなので投げ売りが出てきます。

引き締めの影響はスゴイですね。
いろんな意味で相場がネガティブ。

ただ、ドル建てでトレードしている人は、円安の恩恵を受けてさほど損失はないかと。

ゴールドも円ベースの場合は高値更新が凄まじいです。

そりゃそうですよね。

引き締めは市場からお金(ドル)を抜くという意味ですから。

日本の場合は、緩和継続なので、ドルが少なくなって円が増えるので、基本的には円安トレンドは継続ということになります。(まだ5波入りしてない)

その間調整がありますから、一直線でドル円が上がって行かないというところがトレードの難しいところなんですよね笑。

トレードはドル建てで笑。

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています