パーシバル近況05.13

本日、弊社エンジニアの元にパーシバルテスト機が到着し、ロコファイ社とのズームミーティングで設定の準備ができました。

実際にどのぐらいマイニングできるかを検証してもらいます。

今回のモデルはあくまでもテスト機なので、エンジニアが設定する必要がありますが、ユーザー様のお手元に届くものは設定不要の仕様になります。

あとはベルギーからの船便の問題ですね。。。。。

この便が届かないとユーザー機の組み立てができません。

半導体不足、コロナ、戦争という三重苦を乗り越え、少しずつ前進していますが、まだまだこれからです。

280点を越える部品の1つでも不足すれば完成品になりませんし、それらの部品変更による設定の調整など、気が遠くなる作業が続いています。

メーカーであるロコファイ社は、このタイミングでキャンセルの対応も発表されます。

ただし半導体部品の高騰もあり、一度キャンセルをされますと次回の購入は66万円(税込)ではなく、143万円(税込)となってしまいます。すでにキャンセルを待っての大量オーダーが入っているので、仕方ないですね。。。。

しかし悩ましい。。。。

Oちゃんは気長に待つことにしますが、キャンセルして他のものに投資するのも自己判断です。

今回のテラショックで暗号資産マーケットは荒れまくっていますから、余計に慎重になる必要があると思います。

それにしても疲れる業界だな(涙)

コメント
たしかに他のマーケットも同様、荒れまくってますからね。
コロナでも戦争でもインフレでも景気後退でもブロック経済でも、何か一つでも解決すれば良いですけどね。
しないか。。。
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています