パーシバルの未来 3

前回の投稿で、判断が余計にわからなくなったと言われています(汗)

ブログ投稿が激減したことで、Oちゃん自身の文章構成力が落ちたということですかね(汗)。。。

再度追加です。たくさんの方から色々な質問を受けましたので、ある程度まとめてみました。

現在の申込者は、基本的にキャンセルを念頭に入れていただくことが良いと思います。

イーサのマイニングができなくなるXデーも近づいていますし、他のコインがどのぐらい掘れるかが未知数ですので、それが普通の判断だと思います。

まずはいつキャンセルするか。です。

どうしてもすぐに返金を望む場合は、来週ロコファイ社から発表されるキャンセルフォームに入力することで、その処理に進みます。

パーシバルの一号機が問題なく稼働すれば、マーク1、マーク2で大口のオーダーがかかりますので、その資金がそのまま返金につながることになります。

それが今月中に行われるように祈っています。

さて、マーク2はエッジコンピューティングの世界で使われる話をしましたが、これは我々エンドユーザーには関係ありません。完全な企業向けユースです。

マーク2は自宅におけるようなマシンではないです。

返金希望の方で急ぐ必要のない方は、マーク1のパフォーマンスを見てからでも遅くないと思います。

すでに複数のコインアルゴリズム解析は終わっており、イーサPOS移行後のマイニングも続けられることは間違いありませんから。

マイニングの収益は、複数の要素で乱高下します。

コイン価格、マイニング難易度が中心ですが、それに影響を与えているのが、マイナーの数だったりします。今、イーサリアムクラシックだとこれだけの収益だと思っていても、イーサのマイナーが大量にクラシックに移行した場合どうなるか、またそれがきっかけでクラシックの価格がどうなるか、など複雑な方程式になります。

将来的にビットコインのマイニングが可能なマシンができたとして、今回キャンセルした人には売ってくれないということもないはずですし、様子見ができる人はそのままでも良いと思います。キャンセルは納品前ならいつでもできます。

このプロジェクトは長い道のりですね。

マーク1からのマーク3が、いつになるのか。。。。。

半導体市場次第ですが、まずはマーク1の収束を強く望みます。

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています